【true tears】の舞台=富山県高岡市・南砺市の聖地巡礼スポットとおすすめホテル3選!

© 2008 true tears製作委員会

『true tears』公式HP:
http://www.truetears.jp/

こんにちは!今回『true tears』について記事を執筆させていただく 『マカロン』 と申します!

普段は出版されているトラベル誌や情報誌などのライターをやっています。

アニメが好きなので、仕事で訪れた地に聖地があれば、時間をつくってこっそり聖地巡礼をしています。

今回は、そんな私が『true tears』の聖地、富山県高岡市・南砺市を訪れた際の現地の情報を、これから聖地巡礼をされる方に向けて詳しくお伝えしていきます!

『true tears』の聖地=富山県高岡市・南砺市の聖地巡礼で今回宿泊したホテル

高岡マンテンホテル駅前

 https://www.manten-hotel.com/takaoka/

高岡駅から非常に近く、鉄道からのアクセスも抜群です。

私はレンタカーでチェックインしましたが、ホテルから徒歩2分の大型立体駐車場がありそこからでもすぐにホテルへ行けるので便利でした。

ホテルはビジネスホテル系ですが、非常に綺麗なホテルでもあり館内の設備、施設共に満足できるホテルです。

<高岡マンテンホテル駅前の特徴>

高岡マンテンホテル駅前はビジネスホテルの中では少々値段は高めですが、朝食の味であったり客室の快適さなどは保証できます。

また、無料貸し出し品も多く、携帯充電器や裁縫セットなどもあり、ホスピタリティ豊かです。

<高岡マンテンホテル駅前に実際泊まってみての感想>

今回は連泊しましたが、滞在中はとても快適な時間を過ごすことができました。客室内も無料Wi-Fiなので、パソコンを持ち込んで仕事や趣味などにも利用できたのも良かったです。

朝食は食の富山らしく、お米なども美味しく充実したサラダバーやドリンクバーもあり満足です。

スタッフの方も地理に詳しくない私が富山城址公園の場所を訪ねたとき、公園だけでなく高岡大仏などその他の観光情報も教えて頂き助かりました。

<高岡マンテンホテル駅前のまとめ>

このホテルは何と言っても交通アクセスが良いです。

聖地巡礼の高岡・城端へのアクセス拠点としてまさにピッタリの立地と、清潔で女性ひとりでも安心して滞在可能なホテルです。

宿泊費用目安は朝食付きで7,500円前後です。

高岡マンテンホテル駅前の詳細・宿泊予約はこちら

『true tears』の聖地=富山県高岡市・南砺市の聖地巡礼におすすめのホテル2選!

砺波ロイヤルホテル

 http://www.daiwaresort.jp/tonami/

このホテルは車での聖地巡礼者におすすめします。

高岡駅よりは離れていますが、砺波平野を一望する高台に佇むホテルで、客室も非常に広くしかも露天風呂や大浴場、サウナなど施設も充実しています。

朝食もブッフェを中心に充実しており、じつは聖地巡礼以外でも仕事で3回私は宿泊させてもらってます。

宿泊目安はシーズンに応じて異なりますが閑散期であれば朝食付きで8,000円前後でしょう。

砺波ロイヤルホテルの詳細・宿泊予約はこちら

ホテルセブンセブン高岡

 https://select-hotels.jp/takaoka/

高岡駅南口より徒歩2分にあるホテルです。

聖地巡礼にはありがたいリーズナブルなホテルです。

しかし、客室の広さも十分かつ清潔です。

客室は有線LAN対応で無線Wi-Fiはロビーのみですが、ネット環境にこだわらなければありでしょう。

朝食は自慢で、高岡名物のコロッケバーガーが食べられるのはポイントです。

宿泊目安は朝食付きで4,500円前後でしょう。

ホテルセブンセブン高岡の詳細・宿泊予約はこちら

『true tears』の聖地=富山県高岡市・南砺市へのアクセス方法は?

聖地に行ったときは、まだ北陸新幹線開業前であり、飛行機で富山空港へ行きました。

羽田から1時間ちょっとと非常に近い距離です。

富山からはレンタカーを借りてまずは第一目的地でもある高岡へ向かいましたが、道中の砺波平野の景色は素晴らしく、また立山連峰の残雪のある景色もさすが富山!雄大です。

『true tears』の聖地=富山県高岡市・南砺市での主な移動手段

『true tears』の聖地はかなり分散していします。

特に聖地巡礼される方は、高岡市と南砺市(城端地区)が多いと思うので、私もその2箇所を中心に巡礼しました。

雰囲気を感じるために、高岡からは城端線に乗り、終点の城端駅まで行きますが、本数が少ないので注意して下さい。

正直、『true tears』の巡礼は『車』が一番便利ですね。

『true tears』の聖地=富山県高岡市・南砺市での聖地巡礼ルート&スケジュール

1日目

(昼)
羽田空港

富山空港

(午後)
北陸自動車道で高岡駅へ

ホテルチェックイン

ホテル宿泊

2日目

散歩がてら高岡城址公園(聖地:噴水)

あいちゃんのお店(聖地)

高岡駅移動

城端線で約1時間城端駅到着

城端の各聖地ポイントを巡礼

城端駅に戻り巡礼ノートを閲覧

高岡駅

ホテルに戻る

3日目

せっかくなので、富山観光+ファボーレ(聖地)に立ち寄り富山空港より帰路へ

<ルートのおすすめポイント>

今回のルートで一番のおすすめはやはり「城端地区」でしょう。

城端の町は歴史ある町で、石畳や寺など普段でも見どころが多い場所です。

特に城端地区は劇中でよく出てくる風景が多いです。

『true tears』をしっかり鑑賞していればすぐにアニメに出てきた風景を見つける事ができるでしょう。

また、5月のゴールデンウィークの時期には「城端曳山祭り」が開催され、

路地ギリギリを曳山が町内を走る姿は必見です。

距離は離れていますが、氷見方面にも劇中の風景に使用された場所があります。

その近くにも富山の名勝地「雨晴海岸」もありおすすめです!

<ルートを参考にされる方へ>

今回のルートは比較的『true tears』巡礼の人気コースになると思います。

また、公共交通機関で1日ですべての『true tears』の聖地を巡礼するのは不可能でしょう。

車を利用し、計画的に行けば可能かもしれませんが『true tears』の巡礼はポイントを絞って、その地域の雰囲気も味わうとより楽しく巡礼できるでしょう。

また、『true tears』にも出てくる高岡市は『ゆるゆり』など他作品の聖地でもあるので、同時に2作品聖地巡礼してしまうのもありかもしれません!

これから『true tears』の聖地巡礼で富山県高岡市・南砺市を訪れる方へ

『true tears』の聖地巡礼に公共機関を利用する場合は、絶対に計画を綿密に立てましょう。

とにかく、電車やバスの本数が少なく、1時間や2時間に1本などは普通です。

時には巡礼ポイントを絞る事も重要です。

また、せっかく富山に来たのであれば、聖地だけでなく食や他の観光スポット巡りもおすすめします。

ゴールデンウィークの時期であれば、高岡と城端の中間にある砺波では砺波の名産チューリップフェアや同時期には城端曳山祭り。

夏であれば、富山越中八尾のおわら風の盆などとても風情のあるお祭りです。

昔は、城端地区にこの『true tears』を制作したp.a.worksがありましたが、移転してしまったので見学はできません。

レンタカーなどであれば城端SA(サービスエリア)付近に本社があるので見学もおすすめです。

『マカロン』さんからあなたへ!一言メッセージ

高岡や城端は素敵な町です。

もちろん町散歩もおすすめしますが、聖地巡礼者の心を満たす一品をご紹介します。

高岡城址公園近くの聖地「あいちゃんのお店」(実際はたこ焼きHACHI-HACHI)もおすすめしますが、その横にあるお店「まじま」。

ここのソフトクリームは必食です!

なぜなら10段ほどある長いソフトクリームで見た目もスゴい!味もうまい!

近くには高校が多くあり生徒達の愛用食です。

『true tears』の聖地=富山県高岡市・南砺市の聖地巡礼におすすめなホテルの確認

高岡駅から非常に近く、鉄道からのアクセスも抜群のホテル
高岡マンテンホテル駅前

車での聖地巡礼におすすめのホテル
砺波ロイヤルホテル

駅から徒歩2分で聖地巡礼におすすめの格安ホテル
ホテルセブンセブン高岡

高岡市周辺のホテルを検索する

アニメ視聴・聖地巡礼の必需品!編集長が使っているモバイルWi-Fiを紹介!

アニメや動画をみていると毎月のようにスマホの通信制限がかかってしまう…

そんな方のために、選び方から申し込みをする前に確認しておくことについて、アニメトリップ編集長である僕の実体験を含めて詳しくまとめました。

詳細はこちら >