【蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-】の舞台=神奈川県横須賀市の聖地巡礼スポットとおすすめホテル3選!

©Ark Performance/少年画報社・アルペジオパートナーズ

『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』公式HP:
http://aokihagane.com/

こんにちは、K・オカリナと申します。

平日はフリーランスのテクニカルライターとして、パソコンやスマホ、IT家電などの使い方を初心者向けに解説しています。

もともと幼少期から第二次大戦中の戦車や軍艦などに興味があり、最近の「ガルパン」や「艦これ」などの存在は意識していたのですが、たまたまテレビで見た「蒼き鋼のアルペジオ」にハマってしまいました。

真面目にアニメを見たのは久しぶりです。あと、ときどきニュースで報じられる沈船の海中調査についてもチェックしています。

今回はそんな私が「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」の聖地巡礼で神奈川県横須賀市を訪れた際の経験から、これから聖地巡礼をされるあなたに役立つ情報をお届けしていきます。

神奈川県横須賀市へのアクセス方法は?

横浜駅から京浜急行の電車を利用しました。

汐入駅に快特は停車しませんので、必要に応じて途中で特急または各停に乗り替えます。

接続が良ければ、横浜から30分程度で汐入に到着できます。

JR横須賀線でも行けますが、京急なら「よこすか満喫きっぷ」がお得で便利です。

これは往復の電車と現地でのバスが使えるフリーきっぷと食事券、観光施設利用券のセットです。

実は、行った後でこの切符の存在を知り、少し悔しい思いをしました。

帰りは横須賀中央駅から京急の快特を利用しました(横須賀中央には快特が停車します)。

神奈川県横須賀市での主な移動手段

現地では徒歩で移動しました。

今回の主な行き先は相互に距離が近いですし、平地なので歩いても苦になりません。

また、ほんの少しだけ遠回りをして、有名な「ドブ板通り」を通って移動すれば、食事や買い物などを楽しみながら歩けます。

神奈川県横須賀市での聖地巡礼ルート&スケジュール

横浜から京急で、たまたま来た急行の金沢文庫行きに乗りました。

金沢文庫からは各停を利用しましたが、40分程度で汐入駅に着きました。

快特は汐入駅に停車しませんので、注意してください。

・京急汐入駅

・ヴェルニー公園(対ハルナ&キリシマ戦の始まりは前方の海域あたり)
※現役の自衛艦やアメリカの軍艦を見られる
※「たまゆら」や「はいふり」の聖地でもある

・戦艦「陸奥」の主砲の展示

・ドブ板通り
※スカジャン屋さんやミリタリーショップが楽しい

・「YOKOSUKA Shell」で昼食
※海軍カレーとネイビーバーガーが有名

・三笠公園(対ハルナ&キリシマ戦の舞台はヴェルニー公園から三笠公園の間あたりがメイン)

・記念艦三笠(対ハルナ&キリシマ戦で重要な役割。特にデッキは決定打のキャニスターの配置場所)※たまたまスタンプラリーをやっていて、カレンダーや絵ハガキ、缶バッジなどをもらう
※海軍士官の詰め襟の制服で記念撮影も可能(紺か白の選択)
※よく揃った旧海軍艦船の模型展示が圧巻

・横須賀中央の商店街へ

・ミリタリーショップで土産物を購入

横須賀中央駅から京急の快特で横浜駅へ

<ルートのおすすめポイント>

作品の世界では横須賀の市街は海中に沈んでいるので、対ハルナ&キリシマ戦はヴェルニー公園から三笠公園にかけての上空で行われていた感じになります。

この戦闘で重要な役割を果たした戦艦三笠が、やはりこのツアーではメインです。

三笠公園での左舷前方からの艦全体のアングルや、切り札のキャニスターを置いたデッキは、かなりテンションが上がります。

また、艦内は博物館のようになっており、旧海軍の伊401や榛名、日向、摩耶などの模型が並んでいます。

これは「艦これ」や「はいふり」などのファンにも楽しいと思います。

<ルートを参考にされる方へ>

今回は3名で行ったのですが、メンバーの趣味が必ずしも一致していないので、回り方が少し難しかったです。

私は「蒼き鋼のアルペジオ」が好きですが、もう1名は「はいふり」や「艦これ」の方が好きで、さらにもう1名は実在の軍用艦が好きという組み合わせです。

それでも多少は共通点もあるので、それぞれに楽しめたのではないかと思います。

また、正月休みの期間中だったので、ドブ板通りでは開いていない店が多かったのが少し残念でした。

私は三笠のオープンだけを確認して出発したので、皆さんはレストランなどの定休日もチェックしてから日程を決めた方がいいでしょう。

神奈川県横須賀市の聖地巡礼におすすめのホテル3選!

メルキュールホテル横須賀

https://mercureyokosuka.jp/

汐入駅前すぐの場所にあり、丹下健三氏の設計による高層ビル内のホテルです。

以前はプリンスホテルとして知られていました。

予約時に海の見える部屋や高層階の部屋をリクエストすることも可能で、今回の聖地巡礼には最適の立地です。

メルキュールホテル横須賀の詳細・宿泊予約はこちら

観音崎京急ホテル

http://www.kannon-kqh.co.jp/

今回の聖地からは少し離れていますが、少しリッチなリゾート気分が味わえるホテルです。

全室オーシャンビューでプールやスパなども併設されています。

私はティーラウンジしか利用したことがありませんが、なかなか雰囲気の良いホテルです。

観音崎京急ホテルの詳細・宿泊予約はこちら

横浜ベイホテル東急

https://ybht.co.jp/

横浜のみなとみらい地区のホテルです。

遠方から複数の聖地巡礼を目的に訪れるのであれば、交通の便の良い横浜をベースに横須賀や鎌倉、江ノ島などに足を伸ばすと効率が良いと思います。

このホテルは高層階の部屋でもテラスに出られる点が最大の特徴です。

以前はパンパシフィックホテルとして知られていました。

南国の温室風のカフェも素敵です。

横浜ベイホテル東急の詳細・宿泊予約はこちら

これから『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』の聖地巡礼で神奈川県横須賀市を訪れる方へ

大型スーパーのイオンの近くから軍港めぐりの遊覧船が出ています。

しかし、土日は満員になることが多いので、予約が必須だそうです。

ただし、乗れなくてもヴェルニー公園では風に乗って前半の案内の声が聴こえて来ますので、艦船の名前などがわかって助かります。

また、わからない艦名を知りたい場合は、船体横の数字を見て、スマホで「護衛艦 107」とか「イージス艦 85」などのようにGoogle検索すれば、簡単に詳しい情報を得ることができます。

ちなみに「174 きりしま」は横須賀が母港ですが、「173 こんごう」、「181 ひゅうが」は佐世保と舞鶴なので見られません。

「141 はるな」は残念ながら2009年に退役済です。

『K・オカリナ』さんからあなたへ!一言メッセージ

横須賀は「はいふり」や「たまゆら」でも舞台になっているので、日程に余裕があるなら、もっと他の場所も回ると楽しいかもしれません。

また、三笠の横から出ている船で渡れる「猿島」も面白い場所です。

旧軍の帝都防衛のための要塞の廃墟で、苔むすレンガ造りが「ラピュタ」を思わせる雰囲気だと人気のようです。

「蒼き鋼のアルペジオ」は広島の江田島にも聖地がありますので、機会があればあわせて行ってみたい場所です。

神奈川県横須賀市の聖地巡礼におすすめなホテルの確認

メルキュールホテル横須賀

観音崎京急ホテル

横浜ベイホテル東急

横須賀駅周辺の他のホテルを探す