【つり球】の舞台=神奈川県藤沢市 江ノ島周辺の聖地巡礼スポットとおすすめホテル3選!

© tsuritama partners

『つり球』公式HP:
http://www.tsuritama.com/

はじめまして!子どもの頃からアニメが大好きで忍者や魔法少女に憧れていました、honomiiと申します。

最近では昔流行していたアニメが復刻版として放送されていることもあり、ますますアニメの世界に惹き込まれています・・・

「つり球」は私の実家がある横浜市や、高校生の頃によく訪れた思い出深い江ノ島が舞台となっており、ストーリーはもちろん、シーンが変わる度に「あの場所だ!」と興奮する場面も多く、とても楽しめた作品でした。

それでは、つり球を見たあと江ノ島に行きたくなり、そして実際に行ってしまった時のルート等を紹介致します。

江ノ島へのアクセス方法は?

江ノ島周辺へは、小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」が便利です。

出発地にもよりますが、私は自宅の最寄り駅からJRで藤沢駅まで行き、小田急江ノ島線・片瀬江ノ島行きに乗り換え、10分程度で片瀬江ノ島駅に到着しました。

片瀬江ノ島駅の近くに、江ノ電「江ノ島駅」もありますが、江ノ島自体へのアクセスは片瀬江ノ島駅の方が比較的近いです。

また、片瀬江ノ島駅は作中でハルが金魚鉢を持って登場する場所でもありますので、ぜひこちらを利用してみて下さい。

片瀬江ノ島駅から海に向かって歩き、大きな道路を渡ってから左方向へ少し歩いていくと、江ノ島に続く橋に着きます。

江ノ島周辺でのおすすめ移動手段

江ノ島島内では徒歩が基本ですが、階段や坂道が非常に多く、夏場はかなり汗をかきます。

そこで便利なのが「江ノ島エスカー」です。その名の通り、島の中につくられた屋外エスカレーターです。ただしエスカレーターに乗っている間、景色は見えません。

料金は一番下から上まで乗るのに360円、特定の区間のみであれば100〜200円で利用できます(大人一人あたり)。

あまりにもキツい場合はエスカーに乗るのも手かもしれませんが、個人的には休みながらゆっくり島内を散策した方が楽しめました。

そして、江ノ島周辺を移動するには、お馴染みの「江ノ電」に乗ってみましょう!

家と家の間をすり抜けるように走る場所もあるのが特徴ですが、車内から見える海の眺めは風情がありとてもいいです。

乗車する場合は、1日あたりに江ノ電に乗る回数にもよりますが、一日乗車券「のりおりくん」がお得です。私も利用しました!

乗車ごとに切符を購入すると、人によっては江ノ電は割高に感じることもあるかと思いますのでおすすめです。

1日乗り放題で600円でお手軽ですし、レストラン等の割引が効くこともありますので、お出かけ前に江ノ電公式ホームページをチェックしてみて下さい。

江ノ島・江ノ島周辺での聖地巡礼ルート&スケジュール

1日目

10時頃、片瀬江ノ島駅へ到着

新江ノ島水族館

江ノ島大橋

橋を渡ってすぐの中心通りでお昼ご飯を調達

江島神社

途中休憩がてらお昼ご飯

サムエル・コッキング苑

江の島シーキャンドル(江の島展望灯台)

江ノ電で江ノ島駅から鎌倉高校前駅へ

<効率良く・快適に聖地巡礼をするために>

作品序盤では江ノ島や江ノ島周辺のシーンがほとんどですが、話が進むにつれて横浜周辺やそれ以上に聖地の範囲が広がってきます。

そのため、すべてを見てまわるのはなかなか難しいかもしれませんので、ある程度場所を絞って訪問するのが良いと思います。

全部を見られないのは少し残念ですが、上記ルートを進んでいくだけでも、オープニングや作中に出てきた風景にたくさん出会えます。

私は頭の中でずっとオープニングソングが流れ、いつ躍りだしてしまうか不安でした笑

うまくいけばユキたちが釣りをしていた場所も見つかるかも・・・

また、お昼ご飯についてですが、江ノ島は上に登ると飲食店が少なめなイメージです。

私は江ノ島大橋を渡ってすぐの辺りで食べ物を買ってから登り始めました。

ですが食べ物屋さんが全くない訳ではないので、名物料理を堪能したい方や、お店で座って昼食を摂りたい方は、島内のしらす丼を食べられるお店をピックアップしておくのもいいですね。

『つり球』の聖地巡礼におすすめのホテル3選!

江ノ島ゲストハウス134

http://enoshimaguesthouse.wixsite.com/home

価格重視の方には、こちらのドミトリールームがおすすめです。

ゲストハウス内には18:00〜22:00までディナー&バー、8:00〜10:00までは朝食がとれるカフェがあります。

2016年にオープンした新しい宿泊施設で、女性専用ドミトリールームがあるのも嬉しいですね。

江ノ島からほど近い場所に位置していますが、多少場所が分かりづらいです。公式ホームページ内にある、分かりやすい道案内を確認しておくといいかもしれません。

江ノ島ゲストハウス134の詳細・宿泊予約はこちら⇨

かきや旅館

http://www.kakiya.co.jp/index.html

江ノ電「腰越駅」から徒歩3分、「江ノ島駅」から徒歩4分という好立地にある老舗旅館。

「かきや」といえばしらす料理で有名なお食事処ですが、旅館の経営もされています。

ロビーでは無料Wi-Fiを使うことができるほか、無料ランドリーも設置されており、大浴場は24時間利用可能です。

伝統あるお店でしらす料理を食べてみたいという方は是非いかがでしょうか。

かきや旅館の詳細・宿泊予約はこちら⇨

鎌倉パークホテル

http://www.kamakuraparkhotel.co.jp/

お値段はぐんと高くなってしまいますが、客室からオーシャンビューが望めるホテルです。

江の電「長谷駅」から徒歩で海沿いを通って、15分ほどで到着します。

内装・外装のつくりもよいほか、スタッフの対応も丁寧で、快適に過ごすことができます。

館内のレストランでは、鎌倉・三浦野菜を使ったフレンチ料理や和食料理が楽しめます。

鎌倉パークホテルの詳細・宿泊予約はこちら⇨

これから『つり球』の聖地巡礼をする方へアドバイス

つり球ではかなり忠実に江ノ島周辺が描かれており、計画したルート通りに進んでいてもあちこちに目が行ってしまい、時間どおりにいかないかもしれません。

ルートを考える際には比較的余裕を持ってスケジューリングをされることをおすすめします!

また、ユキたちがアニメの中で釣りをしていた場所は、現実には釣りが禁止されていることもありますので、もしも作中と同じ場所で釣りをする予定の方は、現地で注意看板等をよく確認してから行なって下さいね。

『honomii』さんからあなたへ!一言メッセージ

私の場合は自宅が関東圏であることと、江ノ島に馴染みがあることから、思い立ってすぐに聖地へ向かうことができました。

しかし遠方にお住まいの方にとっては、江ノ島まで赴くのはもしかするとハードルが高いかもしれません。

ですが、江ノ島をはじめとした湘南地域はとても良い場所なので、聖地巡礼はもちろんのこと、一度は訪れていただいても損はありません!

特に夏は湘南の良さをより感じられる良い季節なので、海や夏の雰囲気が好きな方は是非行ってみて下さいね。

『作品名』の聖地巡礼におすすめのホテルを確認

江ノ島ゲストハウス134

かきや旅館

鎌倉パークホテル

江ノ島周辺の他のホテルを確認してみる⇨